バトスピの世界観

超煌臨編の世界観

裏切りの戦場

創界神グランウォーカースサノヲの協力により緒戦を勝利で飾ったアレックスたちの元に、「アマハラ」の重要人物、スサノヲの兄でもある、『創界神グランウォーカーツクヨミ』が訪れていた。しかし――
創界神グランウォーカーツクヨミ
「ほう、アマハラを軽んじるか。……歴史の重みを弁えぬ者たちの、なんと悲しきことか」
彼は、「アマハラ」主導の同盟を主張するが、創界神グランウォーカーブラフマーを筆頭とする「インディーダ」の者たちはあくまで対等を望み、双方歩み寄る様子がない。そんな中、ついにゼウス=ロロとスサノヲが戦端を開いたとの一報が入った。

交渉は中断。ツクヨミは兄弟であるスサノヲの元に向かった。

 一方、「アレックス協定軍」勝利の報は、内通者により残留組の元へも伝えられていた。状況の変化を知り、創界神グランウォーカーホルスはついに反旗を翻すことを決断。残留組の監視者である創界神グランウォーカーヘルメスに戦いを挑んだ。
創界神グランウォーカートトをはじめとする「エジット」の創界神グランウォーカーに加え、「オリン」の創界神グランウォーカーアテナ、さらに、ゼウス=ロロのやり方に疑問を抱いていた創界神グランウォーカーアポローンと創界神グランウォーカーアルテミスたちも味方につき、ホルス率いる反乱軍の勝利は万全かと思われた。

 ところが、味方だと思っていた『創界神グランウォーカーアヌビス』の裏切りにより、ホルスの軍は内部からズタズタにされてしまう。
創界神グランウォーカーアヌビス
「斬り捨て御免。――それが、真にエジットを救う道なれば」
このアヌビスの行動により戦況は混乱を極め、ホルスたち反乱軍の崩壊は時間の問題かと思われた。しかし――
創界神グランウォーカーヘファイストス
「アイツの言う通りになった……。俺は、武具を作っているだけで良かったのに……」
戦線の崩壊を救ったのは、突如として現れた「オリン」の『創界神グランウォーカーヘファイストス』だった。アヌビスがホルスを裏切ったのと同様に、ヘファイストスもゼウス=ロロを裏切ったのだ。
結果、裏切りの戦場を勝ち残ったのは、ホルスたち反乱軍であった。
彼らは傷が癒えるのを待たず、アレックスたちとの合流を果たすべく、すぐさま移動を開始したのだった。

しかし、裏切りの連鎖はここで終わりではなかった。
ツクヨミを追うように戦場に駆けつけたアレックス。彼女たちを迎えたのは、まさかの創界神グランウォーカーであった。
創界神ツクヨミ

超煌臨編第3章 相関図

神世界勢力図