2012年12月21日
Holiday Cheer 2012

バトルスピリッツファンの皆さん、こんにちは。またこの時期がやってきましたね。バトスピ特別調査室のホールで、クリスマスの飾りつけをする時期です。昨年までは、建物入り口の通路にキャンドルを置いていました。しかし、私のペットである「龍皇ジークフリード」のジギーを連れてきたのが間違いでした。なんと、そのキャンドルに火をつけてしまったのです。その時に焼け落ちた棚は、今でも当時のままです。
 
毎年この時期には、バトルスピリッツの楽しさを新しいプレイヤーに紹介していただくための企画「ホリデー・チアー」を提案しています。このコラムを読んでくださっている方は、どんな企画がご存じだと思いますが、最近読み始めた方のために、詳しくご説明します。まず、デッキを2セット作ってください。そして、そのデッキを使って、今まで対戦したことのない相手とプレイします。相手は、バトスピをやったことがない人や、お店で出会った人など、誰でも構いませんが、皆さんが一緒にバトスピで遊んだことのない人を選んでください。目的は、プレイヤー同士を引き合わせ、可能であれば新しいプレイヤーにバトスピを試してもらうことです。友人がプレイしているゲームを始める人は多いですし、お店や学校などの知り合いがプレイしていれば、そのゲームを始めるきっかけになります。
 
トレーディングカードゲーム(TCG)のルールを覚えるのは簡単ではありません。最近では、ほとんどの人がTCGのことを知っていますし、プレイヤーの大半は、ポケモンなどのTCGをプレイしたことがあるでしょう。今回のデッキを構築する際は、初心者だった頃を思い出し、分かりにくいカードは入れないようにします。特にブレイヴやネクサスは、バトスピを初めてプレイする人が混乱しやすいカードなので、入れないほうがいいと思います。バースト効果を持つカードについては、「絶甲氷盾」や「双翼乱舞」など、シンプルで分かりやすい効果を持つものに限定すべきですが、数枚であれば入れるのは可能だと思います。
 
今回は、デッキ構築について、ちょっとした工夫をしてみたいと思います。デッキには、コモン・アンコモンカードを入れられますが、レアやXレアは入れられません。カードの色は2色までとして、通常のルールに従ってデッキを構築します。つまり、デッキには40枚のカードが入ります。さらに、デッキにはテーマを持たせましょう。例えば、昆虫系のスピリットなど、スピリットのタイプをテーマにするのもいいでしょう。もちろん、それ以外のテーマでも構いません。デッキが完成したら、一度も対戦したことがないプレイヤーを見つけて、皆さんが構築したデッキを使って対戦しましょう。相手がバトスピ未経験者なら、バトスピを紹介してください。もしくは、相手が普段からバトスピで遊んでいる人なら、これをきっかけに、今後も一緒に遊べるでしょう。私からのお願いは、今まで一緒にバトスピをしたことがないプレイヤーと1回対戦してほしいということです。相手がバトスピを気に入ってくれたら、そのままプレイを続けてください。
 
以上のチャレンジを完了したら、感想を教えてください。プレイヤーの感想は、いつでも大歓迎です。「ホリデー・チアー」チャレンジを終えた方は、バトスピのウェブサイト内にあるフォーラムから、「Holiday Cheer/ ホリデー・チアー」のスレッドにコメントを追加していただくか、新しいスレッドを作成して感想を入力してみてください。皆さんが作ったデッキや、プレイしてみてどうだったか、初心者のプレイヤーがゲームのルールを理解できていたかなど、どんな内容でも構いません。今回のチャレンジを楽しんでいただき、皆さんが新しい友人を作るきっかけになればと思っています。
 
では、また次回お会いしましょう。

メンバー
カレンダー
2012年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
バックナンバー
バトスピ部