2009年4月24日
Where Angels Fear to Tread~エンジェルを抑えること~
Welcome back Battle Spirits fans. I have a bit of bad news this week to share. I was called in last weekend by the Battle Spirits Special Investigation division to check out the championship event in Tokyo. You may remember the Battle Spirits Special Investigation Division. It is a secret organization dedicated to making sure the game stays fun, and they take their job very seriously. The event showed a clear problem that many of the readers were probably already aware of.
バトスピファンのみなさん、ようこそ。 今週は少しばかり悪いニュースをみなさんに報告いたします。 私は先週東京で開かれたバトスピチャンピオンシップをチェックする機関である「バトルスピリッツ特別調査室」に呼び出されました。 その組織は常にゲームが楽しく遊ばれているかどうかを監視する秘密組織であり、先週のイベントでも見られた問題について真剣に調査していました。
Let me first give you an explanation of how we think here at the lab. In an ideal environment, there are a number of decks that are playable and each has its strengths and weaknesses against other decks. Most decks have some chance of beating any other specific deck that they play, and there are no colors that are too weak to play in any decks.
最初に調査室としてこの問題をどのように考えているかを読者のみなさんにご説明いたします。 理想的なゲーム環境下では、それぞれのデッキが長所や短所を持ちながらもプレイアブルなデッキの状態で存在しています。 ほとんどのデッキが別のあるデッキに勝つチャンスを持っていて、どのデッキにおいても弱すぎる色は存在しません。
If one deck starts to dominate, we have to look carefully at what is causing it to dominate. In some cases, we can provide answers to the decks for the other colors and can bring the deck back into line with the other decks that players are playing. For example, Magic Book is a very strong card, but Invisible Man Eclear makes playing Magic Book very dangerous if your opponent is playing any purple. Sometimes, however, there is a deck that is strong and is not particularly fun to play against. We call these types of decks “Solitaire” decks. In these decks, the player typically stalls as long as possible to try to set up a particular combination that will win the player the game, usually in one turn.
もしある一つのデッキが環境を支配しだすと、我々はなぜそれが起こっているかを調査しなければなりません。 いくつかのケースでは、そのデッキに対して他の色での対処法を導き出したり、みなさんがプレイしている別のタイプのデッキを使って、元に戻したりすることができます。 例えば、マジックブックは非常に強いカードですが、相手が紫をプレイしている場合は透明人間エクリアがでる可能性があり、プレイすることにリスクが発生し、抑制がききます。 しかしながら、たまに非常に強いデッキで相手にするのがあまり楽しくないデッキが発生する場合があります。 我々はこのようなデッキを「ソリテール(ひとり遊び)デッキ」と呼んでいます。 このようなデッキは(通常1ターンで)確実に勝つための特定のコンボをセットアップするために出来るだけ時間を稼ぎ、プレイするデッキです。
There was a deck like this currently in the environment and it was having a very bad effect on the environment. The deck is commonly nicknamed the Mikafar deck, after one of the key cards in the deck. The deck works like this. The Mikafar player will typically put out one or two lost cost spirits early to provide a little defense against rush decks. These spirits are usually yellow and will reduce the casting cost of Mikafar if they stay in play. The deck features a number of card drawing cards, including Double Draw, Storm Draw, and Magic Book, which is very strong in a deck with a large number of spells in it. The goal of the player is to get Mikafar out and up to level 2, at which point all spells become free. At this point, the player will try to use Evil Aura to get out The Archangelia Valeria and get back all the yellow spells they have played. The player usually then draws out their deck and then runs a repeatable combo, using Shining Magic, Time Leap, and Magic Hammer to run the opponents deck out of cards. Because Magic book is so efficient in this deck, it has a very high winning percentage. It is also clearly not fun to play against, since the player playing the Mikafar deck really does not care what the opponent does unless they get overrun.
残念ながらバトスピにおいてもこのようなデッキが存在し、現プレイ環境において猛威を振るっています。
そのデッキは通称「ミカファールデッキ」と呼ばれています。 ミカファールデッキのプレイとは、デッキタイプはさまざまありますが、例えば最初に低コストのスピリットを1、2体召喚して速攻デッキに対してディフェンスを行ないます。 これらは通常黄のスピリットで、ミカファール召喚のための軽減コストの役割も持っています。 そして大量のドローカード(ダブルドロー、ストームドローなど)、そして大量のマジックカードとそれを引き寄せるマジックブックを使います。 最終的にはミカファールをレベル2で召喚し、すべてのマジックカードをコストを支払わずにプレイします。 この時点でプレイヤーはイビルオーラを使用して大天使ヴァリエルを召喚、そのバトルで使用したマジックカードをすべて手札に戻します。 プレイヤーは通常ドローカードなどを使いながら自分のデッキのすべてのカードを引き、シャイニングマジック、タイムリープ、マジックハンマーなどを使ったコンボを繰り返しプレイして、相手のデッキアウトを狙います。 マジックブックはこのデッキでは非常に有効で、勝つ確立を非常に高めます。 このミカファールデッキと対戦するとあまり面白くないと思うのは、相手が何をどのようにプレイするかは一切関係なく、ひたすらソリテールのように一人でプレイするかのごとく、プレイしているという理由からです。
This deck was also hurting the environment. The only decks that had any reasonable chance against the deck were the very fast decks, such as the “Super weenie” deck and the green weenie deck. A few other decks like a fast red deck had a smaller chance, but most Blue, purple and white decks had very little chance against this deck. Because you never want to play a deck that has a zero chance against a popular deck, this was basically knocking out white and blue, and heavily restricting purple. Since we don’t want to have an environment where three of the colors are not played, we had to do something. I want all the readers to know that we do not take these decisions lightly and we spent a lot of time analyzing what could be done. In the end, we decided two of the cards were too strong for the current environment and needed to be promoted to legendary status, which restricts playing the card to one copy of the card per deck. The first card is Mikafar. Players have known for months that this card is very strong. Anything that lets you bypass the normal cost of a card can create this type of solitaire deck. Without 3 copies of Mikafar, the decks winning percentage drops dramatically.
Watching the deck showed another potential problem as well, and we wanted to make sure we corrected the environment as much as possible if we were going to make changes, so that players could feel comfortable playing again without having to worry about these types of “Solitaire” decks.
このデッキは現在のゲーム環境にも影響を与えてきました。 このデッキに対抗できる唯一のデッキは「スーパーウィニーデッキ」「緑ウィニーデッキ」のような速攻デッキです。
これ以外にも赤の速攻デッキも勝つ確率はありますが、ほとんどの青、紫、白のデッキはミカファールデッキに対してはほとんど勝つ確率がありません。 このように勝つ可能性のないデッキでプレイヤーは遊びたいと思わないでしょう。 このように3つの色のデッキが遊ばれないというゲーム環境を作りたくはありませんので、我々はある決断をしました。 ここでバトスピプレイヤーである読者のみなさんに私が知ってもらいたいのは、この決断を我々が簡単に行なったのではなく、非常に長い時間をかけて分析検討した結果であるということです。 最終的に我々は2枚のカードが現ゲーム環境では非常に強いので「究極カード」としてのステータスを与え、デッキに1枚しか入れることができないカードとしました。 1枚目のカード「大天使ミカファール」です。 すでにプレイヤーの方々はこのカードがどれほど強いかをご存知だと思います。 通常支払うべきコストを無視することは、時としてこのようなソリテールデッキを作り出します。 このカードを1枚ずつしか入れることができないとすることで、そのデッキの勝率は劇的に下がります。
このように変更を加える場合は、別の問題が発生しないかどうかをしっかりと見る必要があり、我々が下した決断が正しいかどうかを検討するために少々時間がかかりました。 今回下した決断で、プレイヤーのみなさんがソリテールデッキを心配せず、安心して楽しんでもらえるものと思っております。
The other card we chose was Evil Aura. One of purple’s strengths is temporary core acceleration, and Evil Aura is one of the cards that feature that strength. However, with cost reduction cards there is too much potential that the card can be abused, so it is also now limited to one copy per deck.
我々が選んだもう一つのカードは「イビルオーラ」です。 紫の強さの特徴の一つにコアの一時的な増幅があり、イビルオーラはまさにその強さを象徴するカードです。
しかし、一時的なコア増幅による特異なデッキを生み出す可能性や、コスト軽減するカードといっしょに使用したときの悪用(エンドステップでコアを戻さない)などの可能性を考慮し、今回1枚制限としました。
We constantly analyze the current environment, and at some future point if the environment is more stable, it is possible that the status of these cards might change.
Again, we do not take these decisions lightly and we would prefer never to have to take any action in the environment. We need the environment to go back to a stable state where other deck types are viable, and I hope you understand our decision and all of you would have a fun to build the stronger decks under this new environment.
我々は継続的にゲーム環境を調査し、将来ゲーム環境が安定したとき、これら2枚のステータスを再度変更する可能性もあります。
繰り返しになりますが、我々はこの決定を簡単に下したわけではなく、今後このような対処を頻繁に行なうことを望んではいません。 今回は他のいろいろなデッキタイプがプレイできるような安定した環境に戻す必要があり、このような決断をしました。
みなさんがこの新しい環境の下、さらなる強いデッキ構築を楽しんでくれることを切に望んでおります。
#2 Michael Elliott -#2 マイケル・エリオット-
メンバー
カレンダー
2009年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
バックナンバー
バトスピ部